ABOUT PROTEOGLYCAN
プロテオグリカンとは

CMでも話題!

美容成分「プロテオグリカン」とは

“人の肌”にも存在している
美肌スイッチ「プロテオグリカン」


プロテオグリカンは別名、「美肌スイッチ」とも呼ばれており、潤いを支えるタンパク質の一種。
人の肌の内側、皮膚細胞や軟骨細胞の間でコラーゲンやヒアルロン酸と一緒に存在し、高密度でひしめき合う事で皮膚の「保水性」や「弾力性」を保つ大変重要な役割を担っています。
図:人の肌の断面図
図:加齢に伴う美容成分の変化についてのグラフ 図:生成力のある肌の断面図と生成力が落ちた肌の断面図

加齢とともに減少していく
肌内の美容成分


肌内に存在するコラーゲンやヒアルロン酸は、加齢と共に減少していきます。
図:加齢に伴う美容成分の変化についてのグラフ
特にコラーゲンは真皮の70%を占め、肌のハリや弾力を生み出す働きをしています。
コラーゲンの減少はしわ・たるみなど、ヒアルロン酸の減少はハリや潤い低下のリスクに繋がります。
プロテオグリカンはこれらの美容成分の生成を促し、肌のハリや潤いを維持する働きがあることが研究によりわかっています。
図:生成力のある肌の断面図と生成力が落ちた肌の断面図
加齢によって落ちてしまう生成力を
プロテオグリカンで促すのが大切!

かつては1gで3,000万円!夢の美容成分


プロテオグリカンは勿論、人以外の動物や植物にも存在しますが、動物と植物では役割が違います。
動物 臓器、脳、皮膚など体の組織や細胞、軟骨の主成分
植物 細胞壁や樹液の細胞外マトリックス
そしてプロテオグリカンの抽出は非常に難しく、莫大なコストがかかります。
例えば、1970年代に発見された当初は、牛の気管軟骨という限られた部位からしか抽出できず、「1gで3,000万円」という高価な美容成分でした。
動物 臓器、脳、皮膚など体の組織や細胞、軟骨の主成分
植物 細胞壁や樹液の細胞外マトリックス
画像:氷頭

氷頭なますに
コスト問題打破のヒントが!


画像:氷頭
突然ですが、「氷頭なます」をご存知ですか?
鮭の鼻軟骨を使った、北海道や東北地方の郷土料理で、氷の様な透き通った見た目の鼻軟骨に、コリコリした食感がお酒によく合います。
この鮭の鼻軟骨に高濃度のプロテオグリカンが含まれているのです。
その事は知られていましたが、長年の間、抽出方法が確立できないままでした。
近年になって、研究の末に高濃度のプロテオグリカンの抽出に成功、低コストでの供給が可能となりました。そして今では化粧品やサプリメント、美容ドリンクなど、幅広く使用されています。

プロテオグリカンが“潤う”と話題の理由は?

あのヒアルロン酸を超える! 圧倒的な保水力

高保水力として有名なヒアルロン酸は、1gに6リットルの水分を含むと言われていますが、このヒアルロン酸と一緒に人の肌に存在するプロテオグリカンは、ヒアルロン酸の1.3倍の保水力が証明されています。
その驚異の保水力は、以下の実験からも一目瞭然です。
画像:ヒアルロンサンとプロテオグリカンをお餅に塗布して実験
ヒアルロン酸よりも潤いが続く!
画像:ヒアルロンサンとプロテオグリカンをお餅に塗布して実験

ターンオーバーを正常に整える! EGF様作用

お肌のターンオーバーを正常に保つと言われるEGF。
もともと人が持っている美容成分で、上皮細胞にある上皮成長因子受容体(EGF)と結びつき、新しい細胞を作ったり増やしたりする作用から、皮膚の再生医療の分野で注目されています。
実はこのプロテオグリカンにも、EGFと同等の働きが研究結果より認められています。
美肌コラム
上皮細胞増殖因子 「EGF」とは
上皮細胞増殖(成長)因子、英語でEpidermal Growth Factorの略号として「EGF」と呼ばれる美容成分。
アメリカの生化学者スタンリー・博士とイタリアの神経学者リータ・レーヴィ=モンタルチーニ博士がこのEGFを発見した功績で、ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

コラーゲンやヒアルロン酸など 潤い成分を活性化

コラーゲンやヒアルロン酸は、肌内に存在する「繊維芽細胞」から産生されます。
そのため、美肌を保つには「繊維芽細胞」の活性化が非常に重要です。
プロテオグリカンは、この「繊維芽細胞」を活性化することで、肌内の美容成分の生成を促し、肌のハリや潤いを維持する働きがあることが研究によりわかっています。
図:プロテオグリカンの濃度が高いほど繊維芽細胞が増加することを表した図

「繊維芽細胞賦活試験」データを引用・改変

プロテオグリカンは高い保湿力だけではなく、様々な美容成分を活性化させる奇跡の美容成分なのです。
図:プロテオグリカンの濃度が高いほど繊維芽細胞が増加することを表した図

「繊維芽細胞賦活試験」データを引用・改変

プロテオグリカンの活用事例

  • #美容ドリンク
  • #サプリメント
  • #化粧品

美容ドリンクやサプリメント


画像:サプリメント
CMなどで話題のプロテオグリカン。
ヒアルロン酸を超える保水力は美容業界で大変注目されており、様々な美容ドリンクに配合されています。
ちなみにグルコサミンの次の軟骨成分として、プロテオグリカンを配合したサプリメントも増えてきているのをご存知ですか?
実はプロテオグリカンは、鮭の鼻軟骨から抽出され人体に存在する「軟骨基質成分(糖タンパク質)」で、軟骨成分としてサプリメントでも注目を集めています。

化粧品に期待できること


  • 乾燥対策
  • エイジングケア
  • 安心素材
プロテオグリカンは、ヒアルロン酸よりも高い保湿効果を持つため、肌に直接塗布することで高い乾燥対策効果が期待できます。
また最近の研究により、プロテオグリカンは体内の炎症の原因になる物質に作用し、炎症を抑える成分を活性化することが明らかになっており、シミ・シワ・たるみなど体内の炎症によって起こる肌悩みにもアプローチする成分として、エイジングケア部門でも注目されています。
また、元々体内に存在している成分のため、肌なじみがよく安心して使用できることも、プロテオグリカン配合の化粧品の魅力です。
「PG2」は全商品がプロテオグリカン配合

PG2ブランドは、プロテオグリカンが持つ「奇跡の可能性」をお客様にお届けすべく、研究を重ねています。
“より美しく、素敵に生きるためのお手伝いを”という願いのもとに、
開発当初の2012年から今に至るまでPG2ブランドは全ての商品にプロテオグリカンを配合。
肌に優しく、かつ実感できる確かな品質の商品を取り揃えております。